お客さんが魅力的に感じる

分かりやすく伝えるために写真を使う

文章だけで説明しようとすると、長くなってしまう可能性があります。
長い文章は、読みたくないと感じるでしょう。
お客さんの興味を惹くためには、短い文章で分かりやすく情報を伝えることが重要です。
そのためには、写真を上手く使ってください。
写真があれば、どんな商品なのかわかりやすいです。
文章には商品名や価格、売り出される日などを書けば良いだけなので、短い文章で済ませることができます。

インスタグラムに投稿するため、商品の写真を撮影してください。
写真が悪いと、商品のイメージも悪くなるので注意しましょう。
お客さんに良いイメージを与えることができるよう、綺麗な写真をインスタグラムで使ってください。
すると買ってくれるお客さんが増えます。

綺麗な写真を撮る際のコツ

写真を撮るのが趣味でない人は、いきなり商品の写真を撮れと言われても上手くできないと思います。
しかし仕事なので、できないと文句を言っている場合ではありません。
簡単なコツを意識することで、初心者でも綺麗に撮影できるようになります。
またスマートフォンやデジカメでも、綺麗な写真を撮れるので安心してください。

まず明るい場所で撮影することが大前提です。
暗い場所では、写真が暗くなるので何が写っているのか分からなくなります。
綺麗とも言えません。
できれば、背景が白いところがおすすめです。
背景が暗い色だったり、模様がついている壁ではそちらが気になって、商品に目が行かない可能性が高いです、
白い壁を見つけて、商品の撮影をしましょう。


このPostをシェアする